製品・サービス フォトデバイス

医療用光ファイバプローブ

医療用光ファイバプローブ

光ファイバ加工技術をベースに、レーザー光を極めて均一かつ効率的に放射する、光ファイバプローブ(レーザ用プローブ) 近年、がんに対して、手術や抗がん剤などに続く「PDT(光線力学的療法)」、「PIT(光免疫 療法)」、といった光線照射による治療方法の普及が進んでおります。日本においても、PDT は 一部のがん治療で実施され、PIT の治験も進んでおり、手術や抗がん剤などに比べて患者への負 担が少ないことから注目される先進治療方法となっております。 当社は、光ファイバの加工技術を応用した医療向け光ファイバ部品市場への事業展開をしており、PDT で使用できる、PDT半導体レーザ用プローブの製造 をしています。
現在プローブを検討されているメーカー様は、是非一度、当社まで御連絡下さい。

製品詳細情報

特長

  • ビームプロファイルはトップハットの設計
  • 透過率(光利用効率) 実力80%以上[規格70%以上]
  • ビーム径 出力端から照射対象への距離をカスタマイズ可能

 

レーザー光の強度分布を示すビームプロファイルはトップハット形状を基本とすることで凹凸のないプロファイルに仕上げ、病変部位の腫瘍組織に対して、極めて均一かつ効率的に前面照射することができます。
なお、病変部位が屈曲した経路や狭い患部にある場合、「光ファイバプローブ」の前面照射は制限があります。柔軟性があり、均一な拡散光を側面から照射可能なプローブについても製造を予定しています。

製品に関するお問い合わせ
Close