会社情報 沿革

タツタ電線は1945年に設立。当初は電線・ケーブルの専門企業として給配電用および通信用ケーブルの製造を手がけ、高度成長期のインフラ整備に広く貢献しました。また、光ケーブルの開発に取り組み、特徴ある製品ラインアップで光ネットワークの浸透を支えました。その後、エレクトロニクス関連製品の製造・販売に着手し、1984年には、現在もタツタの主力製品である「ボンディングワイヤ」の生産工場の操業を開始しました。
そして、たゆまぬ研究開発の成果として数々の光ファイバカプラをはじめとする光部品や電子材料を世に送り出し、2000年には「電磁波シールドフィルム」を発売しました。当製品は携帯電話、なかでもスマートフォン市場の伸びにともない世界的なヒット商品となりました。今後は、独自の光技術を多彩な分野に応用していく「センサー&メディカル事業」など7つの事業体制で臨み、社会的貢献を果たすとともに企業の豊かな可能性を広げていきます。

1945年 設立
1947年 電線製造・販売開始 (創業)
1950年 タツタバルブ株式会社(現 中国電線工業株式会社)設立
1953年 若江工場(現 大阪工場)完成1
1 若江工場(現 大阪工場)の全景(1953年頃)
若江工場(現 大阪工場)の
全景(1953年頃)
1954年 大阪証券取引所上場
1955年 通信ケーブル製造・販売開始
1961年 東京証券取引所上場
1975年 株式会社スリーティー・サービス(現 タツタウェルフェアサービス株式会社)設立
1976年 福知山工場(現 京都工場)完成2
2 建設中の福知山工場(現 京都工場)
建設中の福知山工場
(現 京都工場)
1979年 株式会社タツタ電線分析センター(現 株式会社タツタ環境分析センター)設立
1981年 漏水検知システム製造・販売開始
1984年 ボンディングワイヤ製造・販売開始
1987年 ポリマー型銅導電ペースト製造・販売開始
1989年 高力銅合金線(FA等向け)製造・販売開始
1996年 通信事業部ISO9001認証取得
1997年 光ファイバカプラの製造・販売開始
1998年 電線事業部ISO9001認証取得
1999年 通信事業部ISO14001認証取得
2000年 電磁波シールドフィルム販売開始
2001年 光部品事業部ISO9001認証取得
2002年
  • 大阪地区ISO14001認証取得
  • 建設・電販向け電線販売事業を行う住電日立ケーブル株式会社設立に参画3
3 HS&Tに参画(2002年)
HS&Tに参画(2002年)
2003年 電磁波シールドフィルム自社生産開始
2011年 常州拓自達恰依納電線有限公司(中国)設立
2012年 TATSUTA ELECTRONIC MATERIALS MALAYSIA SDN.BHD.(マレーシア)設立
2013年
  • タツタテクニカルセンター完成4
  • 大阪証券取引所上場廃止 (東京証券取引所への現物市場統合)
4 タツタテクニカルセンター完成(2013年)
タツタテクニカルセンター完成
(2013年)
2014年 立井電線株式会社株式取得
2015年
  • Tatsuta USA, Inc.(米国)設立
  • システム・エレクトロニクス事業本部にて医療機器分野のISO13485認証取得
  • 仙台工場完成5
5 仙台工場完成(2015年)
仙台工場完成(2015年)
2016年
  • 上海拓自達商貿有限公司(中国)設立
  • 機能性フィルム事業にてISO22301(事業継続マネジメントシステム)認証取得
  • 第三種医療機器製造販売業許可を取得
2019年
  • 「高力銅合金」を使用した機器用電線関連製品の製造販売事業を
    完全子会社の立井電線株式会社に移管
  • 立井電線株式会社の商号をタツタ立井電線株式会社に変更
Close