ESG タツタ電線の
サステナビリティ

「経営理念」の実現に向けて、当社は、
「企業行動規範」、「品質・環境方針」のもと、ステークホルダーの期待に応え、
社会の持続的かつ安定的な発展に貢献するサステナビリティ活動を継続しています。

経営理念

電線・ケーブル事業及び電子材料事業をコア事業とし、次代を担う事業の開発にも継続的かつ積極的に取り組み、活力・スピード感に溢れ、公正かつ透明性の高い連結経営を推進することにより、持続的に成長し、中長期的な企業価値を向上させるとともに、地球環境問題に配慮しつつ、顧客ニーズにマッチした特長ある商品・サービスを提供することにより、持続的な社会の発展に貢献する。

企業行動規範

  1. 創意工夫を凝らし、不屈の精神をもって社会・顧客の求める技術・製品を開発し、有用で安全な優れた製品・サービスを提供します。
  2. 地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであり、経営の基本であることを認識し、事業活動のあらゆる面において環境と人との調和を目指します。
  3. 従業員の人格・個性を尊重し、安全で働きやすい多様性に富んだ職場環境を確保します。
  4. 株主、取引先、地域社会等の社外における関係者との間で、健全で良好な関係を築きます。
  5. 国内外の法令及び社内規程を遵守し、社会規範や倫理に則って公正な企業活動を行います。
  6. 企業活動に関する情報を適切かつ公正に開示して、経営の透明性を高めます。

品質・環境方針

  1. 経営理念を達成するために企業行動規範に則り、事業プロセスの改善、製品及びサービスの向上、環境保全の推進に対して継続的かつ適切に取り組みます。
  2. ISO規格要求事項に基づいた品質・環境マネジメントシステムを構築、運用することで、適用される法令や顧客要求事項を守ります。
  3. 当社は、取り組む必要のあるリスクを抽出し、それらに対応する事で、品質向上、汚染の予防、環境保護に取り組みます。
  4. 品質・環境マネジメントシステムを維持し、そのパフォーマンスを向上させるために、PDCAのサイクルにより継続的改善を進めます。

サステナビリティの概念

サステナビリティの概念

SDGs(持続可能な開発目標)

SDGsは2015年9月に行われた国連サミットにおいて全会一致で採択された「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の国際目標です。
当社グループは社会の持続的かつ安定的な発展に貢献するため、事業活動を通じてSDGsの開発目標に取り組んでまいります。

SDGs(持続可能な開発目標)

ステークホルダー・エンゲージメント

ステークホルダー・エンゲージメント

株主・投資家、顧客、取引先、地域社会等の社外の関係者との間で健全で良好な関係を築きます。また、従業員・家族にとって安全・健康で働きがいのある職場と安定した生活基盤を提供します。

ステークホルダー・エンゲージメントの表
ESGに関するお問い合わせ

総務人事部Tel.06-6721-3331

Close