COMPANY PROFILE 企業情報

沿革 イメージ

沿革

タツタ環境分析センターは、1979年12月にタツタ電線株式会社の全額出資にて設立。以来、測定分析事業を展開し、近年は、材料分析なども事業の一部に加え、全国展開を図っています。

1977年
4月

タツタ電線株式会社として、濃度に係る計量証明事業の登録認可を大阪府知事より受ける。

5月

タツタ電線技術開発本部内に分析センターを発足させ、大気、水質、土壌中の物質濃度に係る計量証明事業および公害防止、作業環境改善等に関する業務を開始。

1978年
4月

作業環境測定機関としての登録認可を大阪労働基準局長より受け、作業環境測定法施行規則別表の1.3.4.5号の作業場の測定、評価業務を開始。

1979年
12月

タツタ電線株式会社の全額出資にて株式会社タツタ電線分析センターを設立。

1988年
7月

飲料水水質検査業の登録認可を大阪府知事より受け、業務を開始。

1989年
4月

アスベスト分析開始。

1992年
12月

音圧レベルに係る計量証明事業の登録認可を大阪府知事より受け、業務を開始。

1994年
12月

商号を株式会社タツタ環境分析センターに変更。

1995年
2月

振動加速度レベルに係る計量証明事業の登録認可を大阪府知事より受け、業務を開始。

5月

資本金を1000万円に増資。

1998年
4月

ダイオキシン類専用分析室が完成し、高分解能GC/MSを導入。ダイオキシン類分析について業務開始。

2001年
9月

高分解能GC/MSを増強。

2002年
1月

ISO14001(2000)の認証取得。

4月

環境省が実施するダイオキシン類の請負調査の受注資格審査の認定取得。

8月

沖縄営業所開設。

10月

特定計量証明事業の登録認可を大阪府知事より受ける。

2003年
11月

大阪府知事より大阪府生活環境の保全等に関する条例に基づき、土壌・地下水汚染対策に係る指定調査機関の指定を受ける。

2006年
6月

アスベスト規制強化に対応しX線回折装置を導入。

2009年
4月

株式会社テスコ(ISO14001認証取得済)の環境計量証明事業を承継し、神奈川事業所として開設。

2014年
3月

無機材料分析に注力の為、蛍光X線分析装置を導入。

9月

高分解能GC/MSを更新。
新ダイオキシン類分析室移転。

2016年
11月

沖縄営業所でISO14001(2015)の認証取得。

2017年
1月

RoHS分析のため熱分解GC/MSを導入。

5月

タツタ電線(株)の敷地内に分散していた分析拠点を1ヵ所に集約。

11月

ISO9001と14001(2015)の認証取得。

TOP