ANALYSIS SERVICES 分析サービス

排ガス・有害大気・悪臭測定 イメージ

排ガス・有害大気・悪臭測定

排ガス・有害大気・悪臭測定とは

工場・ビルのボイラーや焼却炉などの排ガス、また、それらの中に含まれる人の健康を損なう可能性のある物質、そして人が不快に感じる様々な臭いなど、私たちが生活する環境には、様々な規制があります。

弊社では、これら規制を順守し、公害による被害を防止するため、排ガスや環境大気中の有害物質を測定し、環境への影響を評価します。この他、工場、事業場の敷地境界線における悪臭物質(22物質)の分析や人が不快に感じる様々な臭気測定も行っています。

排ガス・有害大気・悪臭測定の事例

  1. 1. 排ガス測定

    工場や事業場内に設置された大気汚染防止法の対象となるばい煙発生施設における有害物質の測定(ボイラー、廃棄物焼却炉など)

  2. 2. 有害大気測定

    環境大気中における有害大気汚染物質(継続的に摂取した場合に健康を損なうおそれのある物質で大気汚染の原因となるもの)の測定

  3. 3. 悪臭測定

    工場や事業場の敷地境界や排気口における特定悪臭物質や臭気の測定

主要分析機器

  1. ガスクロマトグラフ-水素炎イオン化
    検出器(GC-FID)
  2. ガスクロマトグラフ-炎光光度検出器
    (GC-FPD)
  3. T-VOC(全揮発性有機化合物)分析計
分析イメージ
ハイボリウムエアーサンプラー
TOP