ANALYSIS SERVICES 分析サービス

作業環境測定 イメージ

作業環境測定

作業環境測定とは

職場環境中には、粉じん、有機溶剤や騒音などの様々な有害因子が存在します。これら有害因子を取り除き、適正な作業環境を確保し維持することを作業環境管理といいます。

そして、この作業環境管理を進めるうえで、作業環境中に有害な因子がどの程度存在し、その環境下で働く労働者が、その因子にどの程度さらされるのかを把握することを作業環境測定といいます。

作業環境測定には有資格者が必要となりますが、弊社には多数の有資格者が従事しています。

作業環境測定の特長

  1. 1. 作業場の改善提案

    職場環境において、作業環境の評価・改善に至るまでの作業環境管理をお客様と一緒に取り組みます。

  2. 2. 新規規制物質への迅速な対応

    新規規制物質のサンプリングおよび分析にも、いち早く対応しています。

  3. 3. 各種許容濃度設定物質に対応

    日本産業衛生学会や米国産業衛生専門家会議(ACGIH)で許容濃度が設定されている物質などのサンプリングおよび分析に対応します。

作業環境測定を行う場所

  • 粉じんを著しく発散させる屋内作業場
  • 著しい騒音を発する屋内作業場
  • 坑内の作業場
  • 放射線業務を行う作業場
  • 特定化学物質等を製造し、または取り扱う屋内作業場
  • 一定の鉛作業を行う屋内作業場
  • 第1種または第2種有機溶剤を製造し、または取り扱う屋内作業場

主要分析機器

  1. 高周波誘導結合プラズマ質量分析計
    (ICP-MS)
  2. ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)
  3. ガスクロマトグラフ-水素炎イオン化型
    検出器(GC-FID)
分析イメージ
ガスクロマトグラフ-水素炎イオン化型検出器
(GC-FID)とオートサンプラー
TOP