ANALYSIS SERVICES 分析サービス

微量PCB分析 イメージ

微量PCB分析

微量PCB分析とは

ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、熱に対して安定しており、電気絶縁性が高く、耐薬品性にも優れていることから、非常に幅広い分野に活用されていました。しかし、脂肪に溶けやすいという性質から体内に蓄積し、健康被害が大きく取り上げられたことにより、現在では製造および輸入が原則禁止されています。

また、本来PCBを使用していない電気機器などであっても、微量のPCBに汚染された絶縁油を含むものが存在します。このように意図しない混入によって絶縁油中のPCB濃度が0.5mg/㎏を超えて存在する場合には、特別管理産業廃棄物として届出、適切保管および処分が必要になります。

これらの状況から、PCBの環境中への漏洩、流出防止を目的に、高圧トランスやコンデンサなどに使用されるPCBが0.5mg/㎏を超えて含有していないことを調査することが義務付けられています。

微量PCB分析の特長

  1. 1. 短納期かつ高精度の分析

    公定法である負イオン化学イオン化ガスクロマトグラフ質量分析法により、短納期で精度の高い分析結果を提供します。

  2. 2. 多彩な分析方法に対応

    絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定マニュアル(微量PCBに関する簡易測定マニュアル)、厚生省告示192号などの様々な分析方法に対応できます。

  3. 3. 広範囲なPCB分析への対応

    トランス、絶縁油、感圧紙や塗膜中などのPCB分析のほか、水質、大気および土壌中のPCB、ウエスや器具、容器といった低濃度PCB廃棄物の分析にも対応します。

  4. 4. サンプリング、分析、処理

    PCB分析は勿論、サンプリングから処理に至るまでワンストップでお手伝いします。

主要分析機器

負イオン化学イオン化-ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/NICI-MS)
負イオン化学イオン化-ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/NICI-MS)
  1. 負イオン化学イオン化-ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/NICI-MS)
  2. ガスクロマトグラフ-電子捕獲型検出器(GC-ECD)
  3. 高分解能ガスクロマトグラフ質量分析計(HRGC/HRMS)
TOP