ANALYSIS SERVICES 分析サービス

その他分析 イメージ

その他分析

アスベスト分析

アスベストは「石綿」とも呼ばれ、非常に細い天然の繊維状鉱物の物質です。アスベストによる健康障害の予防となる「除去」、「封じ込め」または「囲い込み」作業に伴い、使用建材、吹付け材中のアスベストの有無や含有量の測定が不可欠になります。

弊社は、アスベスト対策の事前調査から吹付け材、建材、気中濃度のサンプリング、測定分析、対策工事までの一貫体制を整えています。最近、新たに規制の対象となった代替物質であったリフラクトリーセラミックファイバー(RCF)にも対応しています。

  • アスベスト分析の事例

    吹付け材 ビルの機械室、電気室、ボイラー室の壁、天井、エレベーターホール、駐車場の壁、浄水場ポンプ室の壁、民家の天井裏

    学校の通路、教室、体育館の壁、天井、病院の通路・壁

    マンション、戸建て住宅の環境調査、建屋工事に伴う作業環境測定、ビル解体工事に伴う環境調査

  • 主要分析機器
    1. 偏光顕微鏡
    2. 位相差顕微鏡
    3. X線回折(XRD)

室内空気環境測定

近年における住宅は、構造が高気密・高断熱化のために室内空気が建築材料などから放散された化学物質によって汚染されやすくなります。

特に、新築やリフォーム後の住宅では、入居者に目や鼻の痛み・頭痛・めまい・吐き気といった症状が現れる『シックハウス症候群』が大きな社会問題となったことから、弊社ではこれらシックハウス症候群の原因となる物質の測定、評価にも対応しています。

  • 室内空気環境測定の事例
    1. マンション・戸建て住宅/保育園・保育所/学校/図書館/病院/オフィス・商業ビル
  • 主要分析機器
    1. ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)
    2. 高速液体クロマトグラフ(HPLC)

騒音・振動測定

  • 騒音・振動とは

    私たちの日常生活に人為的な音や揺れが加わると、不快な音(騒音)や揺れ(振動)に変わり、心理的、精神的な負担が生じ、健康で快適な生活環境が奪われてしまうことになります。このような事態を避けるために、法令等によって環境基準、規制基準が定められ、人の生活環境を保全するための措置が講じられています。

  • 騒音・振動測定の事例
    1. 一般環境
    2. 道路交通
    3. 工場・事業場
    4. 建設作業
    5. 鉄道・航空機
  • 主要分析機器
    1. 精密騒音計
    2. 周波数分析計
    3. 振動レベル計

POPs(Persistent Organic Pollutants:残留性有機汚染物質)分析

POPsとは、環境中での残留性、生物蓄積性、長距離移動性、人の健康や環境への悪影響を有する化学物質であり、人の健康と環境を保護する目的で2004年5月17日に「ストックホルム条約」(POPs条約)が発行され、国際的に規制されています。

日本国内では、POPs条約で掲げる物質の製造、輸入および使用の禁止については、化学物質の審査および製造等の規制に関する法律や農薬取締法により規制しています。

また、ごみ焼却などに伴って発生するダイオキシンなど非意図的生成物については、ダイオキシン類対策特別措置法に基づき、排出規制や削減計画の策定を行っています。

弊社は、ダイオキシン類分析の実績と経験の蓄積を礎に、各種媒体における様々なPOPs(ドリン類、DDT類、HCH類、クロルデン、ヘプタクロルなど)の分析にも対応しています。

  • POPs分析の事例
    1. 排ガスと焼却灰
    2. 土壌および埋設物
    3. 排水、河川水
  • 主要分析機器
    1. 高分解能ガスクロマトグラフ質量分析計(HRGC/HRMS)

農薬分析

農薬とは農作物を病害虫、雑草などの有害生物から守り、農業における生産性を高めるために用いられる薬剤を指します。

農薬は、使用方法を誤れば、人や環境に対し重大な被害を招くおそれがあります。人や環境への被害を未然に防止するため、各関係省庁は、公共用水、土壌、産業廃棄物および食品等についてそれぞれ規制基準値を定めています。

弊社では、これら規制対象農薬をはじめ、新規登録された農薬に至るまで、幅広く分析を行っています。

  • 農薬分析の事例
    1. 水質(ゴルフ場排水・工場排水・公共用水域・処理水・飲料水等)
    2. 土壌(農地土壌・処理土壌・河川底質等)
    3. 産業廃棄物(燃え殻、ばいじん、汚泥)
  • 主要分析機器
    1. ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)
    2. 高速液体クロマトグラフ(HPLC)
TOP