研究環境を知る 研究設備紹介

世の中に無くてはならないタツタ電線の製品群。
その原点となる研究開発を支えるために、
平成25年、タツタテクニカルセンター(京都府木津川市)を建設し、
Research Laboratory」を開設。
開発型企業にふさわしい充実の研究設備を取り揃えています。

タツタ電線の次世代を担う新たな拠点 タツタテクニカルセンターのフロアマップと研究設備紹介

TATSUTA Technical Center Floor Map

1f
2f
3f
4f
5f

研究設備紹介

  • 表面・構造分析室
    走査型電子顕微鏡(SEM)
    走査型電子顕微鏡(SEM)
    試料に細く(数mm)絞った電子線を照射し、発生する2次電子を検出することで、物体形状を拡大して見られる装置。光学顕微鏡では不可能な高倍率(最大倍率は30万倍)の観察が可能です。
  • 表面・構造分析室
    電界放出型電子顕微鏡(FE-SEM)
    電界放出型電子顕微鏡(FE-SEM)
    電界放出(Field Emission)タイプの電子銃を持った走査電子顕微鏡です。通常のSEMに比べ、高い分解能を持ちます。最大倍率は100万倍、分解能は1.0mmです。電子銃はサーマルタイプです。
  • 表面・構造分析室
    X線回析装置(XRD)
    X線回析装置(XRD)
    試料にX線を照射し、散乱するX線の回析強度を検出する装置です。得られる回析パターンにより試料の結晶構造や構成元素の分析ができます。パソコン上で光学系パーツの自動認識および統合的なコントロールが可能です。
  • 表面・構造分析室
    微小圧縮試験機(MCT)
    微小圧縮試験機(MCT)
    5μmから100μmのサイズの粒子などを、1粒子単位で圧縮試験をしたり、抵抗測定をしたりする装置です。微細な電子部品やマイクロマシンなどの強度測定を可能にします。

研究設備紹介

  • 材料分析室
    示差走査熱量分析装置(DSC)
    示差走査熱量分析装置(DSC)
    一定の熱を与えながら、基準物質と試料の温度を測定して、試料の熱物性を温度差として捉え、試料の状態変化による吸熱反応や発熱反応を測定する装置です。高精度でベースラインが非常に安定しています。
  • 材料分析室
    重量差-示差熱分析装置(TG-DTA)
    重量差-示差熱分析装置(TG-DTA)
    試料と基準物質の温度を一定のプログラムに従って変化させながら、その試料と基準物質との重量差や温度差を測定する装置です。測定できる温度範囲が広く、融点の高い金属系試料の測定も行えます。
  • 材料分析室
    フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)
    フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)
    赤外線を分子に照射すると、分子を構成している原子間の振動エネルギーに相当する赤外線を吸収します。試料に赤外光を照射し、透過または反射した光量を測定することで、化合物の構造推定や定量を行います。
  • 材料分析室
    ガスクロマトグラフ(GC)
    ガスクロマトグラフ(GC)
    混合気体を、成分毎に分離・検出する装置です。カラムと呼ばれる管の中に保持された固定相と、サンプル中の成分が相互作用することによって成分を分離できます。検出される時間によって気体の組成を、検出量によって含有量を知ることができます。
  • 材料分析室
    熱分解ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC-MS)
    熱分解ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC-MS)
    ガスクロマトグラフに、質量分析装置を接続した装置です。混合物をカラムで分離後、分離した成分をイオンに分解し、そのイオンを質量と電荷の比にしたがって分離します。検出されたイオンを解析することで、ガス成分を特定できます。
  • 材料分析室
    分光光度計(UV-vis)
    分光光度計(UV-vis)
    紫外領域と可視光領域を用いて分子の吸収スペクトルを測定し成分の定性や定量を行います。レンズ、塗料、蒸着面など固体試料では、透過スペクトルや反射スペクトルが測定できます。

施設紹介

  • 事務室
    事務室
    事務室
    研究開発から営業、製造、設備点検まで各部署の社員がワンフロアに集まっています。作業効率を意識した、連携が取りやすい環境です。
  • 大会議室
    大会議室
    大会議室
    各部署から社員が集まり会議が行える広々としたスペース。モニターを用いてのプレゼンテーションなど、情報共有もスムーズに行なえます。

施設紹介

  • 来客会議室
    来客会議室
    来客会議室
    重要な会議もゆとりをもって行える来客会議室。最新の大型モニターを設置しており、プレゼンテーションなどもスムーズに行えます。
  • 来客応接室
    来客応接室
    来客応接室
    落ち着いた雰囲気の和室スペースを確保。畳敷きの部屋でくつろげるデザインです。
TOP