タツタ電線株式会社

事業案内

機器用電線事業

製品情報

耐スパッタ性高力ケーブル

耐スパッタ性高力ケーブルは、被覆材料に耐溶接火花性と難燃性を付与したロボットケーブルです。
アーク溶接ロボットや研削ロボットには、様々なケーブルが多量に配線されており、稼動時に溶接や研削の火花があたると被覆材が燃焼したり、溶融して穴があくなどの損傷を受けることがあります。耐スパッタ性高力ケーブルは、被覆材料に特殊ビニルを使用し、溶接火花や研削火花による損傷を抑制。火花が飛び散る環境の稼動部配線用に適しております。

製品特徴
  • 耐溶接火花性に優れているため、被覆材の溶融焼損を抑制しケーブル寿命が向上します。
  • 難燃性に優れているため被覆材の燃焼を防止出来ます。
  • 導体に高力銅合金線を使用しているため、耐屈曲性、耐捻回性が極めて優れています。
用途
  • アーク溶接ロボット、研削ロボット各種ケーブル。
耐スパッタ性評価試験

溶接、研削時の火花がケーブルにあたる状態を模擬するために、カットグラインダーを使用して40mm¢の丸棒炭素鋼(S45C)を切断する時に発生する火花を、発生源から50cmの距離に設置した試料に30秒間当てた後、損傷の程度を確認する。

  • シート試料の評価
    評価写真
  • ケーブル試料の評価
    評価写真
  • スパッタ発生状況
    発生状況写真
耐スパッタ性評価試験結果
シート試料(厚さ1mm)
シート試料写真
従来品
シート試料写真
開発品
ケーブル試料(2C×0.5㎡)
ケーブル試料写真
従来品
ケーブル試料写真
開発品
品種例

耐屈曲性能の要求に応じて、絶縁体材料を変えた設計をいたします。

タイプ 導体材質 導体サイズ 絶縁体 シース
A 高力
銅合金
28AWG(0.1SQ)~
13AWG(3.5SQ)
ビニル 耐スパッタ、難燃性ビニル
B 架橋ポリエチレン
C ETFE
機器用電線事業についてのご相談・お問い合わせ
TOP