タツタ電線株式会社

事業案内

機器システム製品事業

製品情報

侵入監視システム(感圧センサ)
ケーブル設計技術を駆使した防犯用センサ

TATSUTAの侵入監視システムは、どの方向からでも検知が可能なコード型の圧力感応型スイッチセンサ(感圧センサ)と一体化した上、忍び返し(フェンス)及び固定レ-ルで構成。
美観に優れたフェンスの威嚇効果と侵入者警戒センサの隠蔽性を併せることで無用な誤作動がなく、立地環境にフィットした警戒設備の構築が可能です。

感圧センサの特長
  • 全方向からの圧力を検知できます。

    電線製造のノウハウを利用し、導電性シリコンゴムを押出成型していますので360度どの方向からの圧力も均一に検知が可能です。

  • フレキシブルで防水性です。

    屈曲性に優れ、防水性にも優れています。

  • 断線の場合も安心です。

    端末に抵抗体を取り付けることでセンサの断線を検知することもでき安心です。

製品イメージ
概略仕様
外径 9.7mm±0.3mm
保護層 ビニル樹脂
導電層 錫メッキ導体シリコン導電ゴム ①・②・④・⑤
絶縁層 ナイロン編糸
概略仕様 関連図
付属品
  • 感圧コードセンサ図
  • 支柱通しガイド部詳細 A部詳細
  • ガイドレール

    塀の頂上部やフェンスにセンサを固定する用途に使用します。
    センサはセンサバンド(専用の固定クリップ)でレ-ルに取付。工事の手間を省力化し感度に影響を与えません。

  • ワイヤバンド

    既設のフェンスにガイドレ-ルを固定させる金具。

  • 終端・中継BOX

    センサ終端部や計装線と接続するための接続箱。樹脂性の防水加工で長期信頼性に優れます。

機器システム製品事業についてのご相談・お問い合わせ
TOP