品質への取り組み
  1. ホーム
  2. 品質への取り組み

品質への取り組み

当社は、一層の品質向上を図るために、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001の認証を取得しています。また、タツタ電線独自の品質方針を定め、常にお客様視点の品質管理に努めています。
今回、共通性が高くなったISO9001およびISO14001規格の2015年度版へ移行するにあたって、その取り組みの重複箇所見直しを機に、品質および環境方針を整理一本化し、次のように改めて定めました。

経営ビジョン

電線・ケーブル事業及び電子材料事業をコア事業とし、次代を担う事業の開発にも継続的かつ積極的に取り組み、活力・スピード感に溢れ、公正かつ透明性の高い連結経営を推進することにより、持続的に成長し、中長期的な企業価値を向上させるとともに、地球環境問題に配慮しつつ、顧客ニーズにマッチした特長ある製品・サービスを提供することにより、持続的な社会の発展に貢献する。

企業行動規範

  1. 1. 国内外の法令及び社内規定を遵守し、社会規範や倫理に則って公正な企業活動を行います。
  2. 2. 創意工夫を凝らし、不屈の精神をもって粘り強く職責を完遂し、社会的に信用される有用で安全な優れた製品・サービスを提供します。
  3. 3. 地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであり、経営の基本であることを認識し、事業活動のあらゆる面において環境と人との調和を目指します。
  4. 4. 企業活動に関する情報を適切かつ公正に開示して、経営の透明性を高めます。
  5. 5. 従業員の人格・個性を尊重し、安全で働きやすい職場環境を確保します。
  6. 6. 株主、取引先、地域社会等の社外における関係者との間で、健全で良好な関係を築きます。

品質・環境方針

  1. 1. 経営ビジョンを達成するために企業行動規範に則り、事業プロセスの改善、製品及びサービスの向上、
    環境保全の推進に対して継続的かつ適切に取り組みます。
  2. 2. ISO規格要求事項に基づいた品質・環境マネジメントシステムを構築、運用することで、適用される法令や顧客要求事項を守ります。
  3. 3. 当社は、取り組む必要のあるリスクを抽出し、それらに対応する事で、品質向上、汚染の予防、環境保護に取り組みます。
  4. 4. 品質マネジメントシステム、環境パフォーマンスを向上させるために、PDCAのサイクルにより継続的改善を進めます。

タツタ電線株式会社 代表取締役社長
外池 廉太郎

品質保証体制

当社の各事業部、グループ会社はISO9000の品質マネジメントシステム(QMS)をベースに事業に適したQMSを構築し運用しています。全社の方針や品質目標の決定、品質に関する全社的な様々な問題に対する審議・決定と意見交換を行い、事業部及びグループ会社に対してQMSの運用状況を監査しています。

品質改善のサイクル

お客様からのクレームの低減と再発防止のため、グループ会社が連携をとって原因究明と対策にあたります。また、重大なクレームが発生した場合には適時、品質保証担当役員、経営者に報告し、必要に応じて特別編成チームによる原因追及を行い、 お客様への影響を最小限にとどめながら処置を行います。今後も「社会的に信用される有用で安全な優れた製品を提供する」ことを目標に、設計、製造、マネジメントの視点からさらなる品質保証活動のレベルアップを図ります。

品質管理教育

従業員一人ひとりが経営トップの品質についての考え方を理解し、品質に対する意識を高めていけるよう教育プログラムを実施しています。 若手技術者は品質管理教育を通して実践に役立つ品質管理の基礎能力の獲得を目指し教育を行なっています。 また、自己啓発・相互啓発の双方を実施し、支援や教育を通じて人と集団の育成を図り、最終的には、能力向上や自己実現に対して高い意識を持った小集団づくりを目指しています。

ご相談・お問い合わせ

総務部 06-6721-3331

品質への取り組みについてのお問い合わせ

こんなところにも、タツタ電線

環境への取り組み

本社・工場・関係会社について