環境への取り組み
  1. ホーム
  2. 環境への取り組み
  3. グリーン調達ガイドライン

グリーン調達ガイドライン

はじめに

タツタ電線グループは、環境保全活動を経営の最重要課題の一つとして位置付け、「環境負荷を低減した製品の提供」を進めております。
これを実現するためには、お取引様から原材料、部品、副資材等の資材を調達する場合、環境負荷の少ないものを優先的に調達して、環境保全活動を推進し、持続可能な循環型社会を形成することに貢献することを目的にグリーン調達を推進しています。

適用範囲

グリーン調達ガイドラインは、タツタ電線が製造し販売する製品を構成する原材料、部品、副資材および製造工程で使用する材料、部品、副資材等に適用致します。

選定基準

<お取引先の選定基準>

ISO14001などの第三者認証を取得していることを基本として次の取り組みをしていること。

  1. 環境マネジメントシステムを構築し、積極的に環境保全活動を推進している。
  2. 環境保全活動に関する環境方針を定め、EMS適用範囲の全ての人に周知を図り、外部の人々にも公開していること。
  3. 環境保全活動を推進する組織および実施計画を策定し、実施し、維持していること。
  4. 法規制および環境側面を監視・測定・評価するためのシステムを構築し、継続的に改善を進めていること。
  5. 環境保全に関する教育訓練をEMS適用範囲の全ての人に実施していること。
  6. 省エネルギー、省資源、リサイクル、環境負荷物質及び廃棄物の低減に取り組んでいること。

<原材料、部品、副資材等の選定基準>

原材料、部品、副資材等の選定に当っては、必要な品質、機能に加え環境負荷低減に関する以下のような項目を満たしている原材料、部品、副資材等を優先的に採用させていただきます。

  1. グリーン調達ガイドラインの附属書(事業本部別)付表1、1a、2に定める使用禁止物質を意図的に含有していないこと。
  2. グリーン調達ガイドラインの附属書(事業本部別)付表1、1a、2に定める化学物質の含有量が把握されていること。
  3. 使用、廃棄に当り化学物質の抽出、大気汚染、水質汚濁、土壌汚染の発生等の環境負荷が低いこと。
  4. 省資源化や省エネルギー化が図られていること。
  5. リサイクル設計がなされていること。

除外項目

原材料などに、鉛を始め当社がグリーン調達ガイドラインで禁止する化学物質が意図的に含有されている場合、納品することはできません。
ただし、主管部署が指定する化学物質については「除外項目」として含有が認められます。これは、現在の技術では、指定の化学物質を使用せずにその機能を発揮することができない、あるいは、指定の化学物質を代替する物質がない場合や研究開発を目的とした場合です。今後の技術の進歩と共にこの「除外項目」は見直される予定です。
当社の各製品の含有化学物質の除外項目につきましては、それぞれの主管部署に直接お問い合わせください。

ページトップ

選定基準

原材料、部品、副資材等の新規採用、変更およびタツタ電線グループから依頼があった場合には、品種毎に下記資料の提出をお願い致します。

  1. グリーン調達 お取引先環境状況調査票の提出(調査票1)
  2. 特定化学物質不使用証明書の提出(調査票2)
  3. 製品含有化学物質報告書の提出(調査票3と5 もしくは 調査票4と5)
  4. RoHS指令 特定有害物質含有報告書の提出(調査票6)
  5. MSDSの提出
  6. 納入仕様書の提出

以上、詳細は、当社グリーン調達ガイドラインをご確認願います。

ページトップ

  1. 含有禁止物質などについて
    ガイドライン7版より、含有禁止物質などのリストが本体から独立し、附属書へ移行しました。
  2. 附属書と調査票(報告書)について
    附属書と調査票(報告書)を通信電線・機器用電線向けとシステム・エレクトロニクス向けの2種類に分けました。
    お取り引きの事業本部・事業部で適用される内容が異なります。お取り間違えのないよう、ご注意ください。

グリーン調達ガイドライン調査票3、4原紙入手先

ご相談・お問い合わせ

総務部 06-6721-3331

環境への取り組みについてのお問い合わせ

  • 環境への取り組み
  • 環境方針
  • 環境報告書
  • グリーン調達ガイドライン
  • 環境・社会活動

こんなところにも、タツタ電線

本社・工場・関係会社について