タツタ電線株式会社

株主・投資家情報

ディスクロージャー・ポリシー

タツタ電線は、株主・投資家の方々に対して、迅速、正確かつ公平なディスクロージャーを実行します。

基本方針

当社では、東京証券取引所の定める適時開示規則(以下「適時開示規則」)に従い、情報開示を行っています。また、適時開示規則に該当しない情報についても、投資家の皆様の理解の一助となると判断した情報については適切な方法によりできる限り積極的かつ公平に開示することを基本方針としています。

情報の開示について

適時開示規則に該当する情報につきましては、東京証券取引所が提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」へ登録し公開した後、速やかに当社ホームページに掲載します。適時開示規則に該当しない情報につきましても、ホームページへの掲載等により広く開示します。

将来の見通しについて

当ホームページに掲載されている予想・見通しは、開示時点において入手可能な情報に基づく判断によるものであり、将来の計画数値、施策の実現を確約したり、保証したりするものではありません。今後の様々なリスクや不確定要素などの要因によって、実際の成果や業績は、予想・見通しと差異が発生する可能性があることをご承知おきください。

沈黙期間

当社は、投資家の方々への公平性を確保するため、各四半期の期末日の翌日から各決算発表日までを沈黙期間としています。この期間中は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えております。ただし、沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込が出てきたときには、適時開示規則に従い、適宜情報開示を行います。

その他

当ホームページ上での当社の情報の検索にあたりましては、当ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載している免責条項も合わせてご参照ください。

株主・投資家情報についてのご相談・お問い合わせ
TOP