新たな銅合金を開発し、成熟した分野を切り拓く。

機器用電線事業本部 技術部 技術開発課 長田 康裕 2011年入社

タツタ電線に入社した理由

大学でマテリアル工学を専攻していたため、その知識を活かせる鉄鋼メーカーや金属メーカーなどに就職したいと考えていました。その中で、タツタ電線は電線・ケーブルという古くからの分野と、電子材料などの新たな分野の二つの柱を事業の軸に据えている点に魅力を感じました。この会社でなら安定した基盤のもと、最先端のことにチャレンジできると考えたのです。

タツタ電線に入社した理由

これまでに成し遂げたことについて

現在、私が所属している機器用電線事業部では、産業機械などの可動部分に組み込まれるロボットケーブルの生産販売を手掛けています。そのロボットケーブルをアセンブリする中で、ケーブルのシースという一番外側の被覆に、機械で刃を入れてはぎ取るという工程があるのですが、それがスムーズに出来ないという課題を抱えていました。そこで、私はケーブル内の電線の撚り方から考え、なるべく丸く、きつく締まるように変更。その結果、スムーズに剥ぎ取れるようになりました。
こうした重要な課題を、入社間もない若手社員に任せてくれるところもタツタ電線の大きな魅力だと思います。

これまでに成し遂げたことについて

現在の業務内容について

曲げたり、ねじったり、過酷な環境で使われるロボットケーブル。現在私は、そのロボットケーブルに使用している銅合金の開発・評価をメインに取り組んでいます。
ロボットケーブルという成熟した製品の導電性をさらに高めつつ、屈曲性も追い求め、コスト面まで考慮しなければいけないことは、とても難しく、これまでにおよそ2年の歳月を費やしていますが、いまだに出口は見えていないというのが正直なところです。

現在の業務内容について

どんなところにやりがいを感じるか

結果が出ていないため気持ちは焦りますが、文献を調べたり、展示会に参加したり、周りの方にアドバイスを受けたりする中で、ちょっとした発見があるだけでも気持ちは高ぶります。
課題解決まで、まだ時間を要しますが、ロボットケーブル事業の将来を左右するという意気込みで取り組んでいます。寄せられる期待に、しっかり応えられるよう、これからも頑張りたいと思います。

どんなところにやりがいを感じるか

ある一日のスケジュール

  • 8:15

    出社

  • 8:30

    業務

    メールチェックと返信

  • 9:00

    業務

    電話で社内外に
    必要事項の連絡

  • 10:00

    業務

    評価業務

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    業務

    評価業務や会議

  • 19:00

    退社

学生へのメッセージ

学生へのメッセージ

私たちの仕事は決められたこと、指示されたことをやるだけでなく、自分で考えて行動することが重要です。何となく日々の業務に取り組むのではなく、何か改善点はないか考えながら取り組まなければ自身の成長につながりません。そこに仕事の面白さを見出だせる方に、入社してもらいたいと願います。


TOP