モノづくりに携われる喜び、その喜びを糧に成長し続ける。

システム・エレクトロニクス事業本部 機能性材料事業部 AMプロジェクト室 中園 元 2011年入社

タツタ電線に入社した理由

中学生の頃、実験の面白さに目覚めてから将来モノづくりに携わりたいと考えるようになりました。大学に入って物質工学を学び、理想とする物質を人工的に作り出すために、どんな原材料を混ぜれば良いかを、研究してきました。タツタ電線に入社した理由も、子供の頃からの夢を叶えられる場所だと思ったからです。また、タツタ電線の製品は「街のいたる所にある」という有名なものでは無いですが、「入っていないと機械が動かない」という重要なものばかりです。話を聞くうちに、そういった製品の開発に携わりたいと考えるようになりました。

タツタ電線に入社した理由

現在の業務内容について

現在、私はAMプロジェクト室に所属しています。この「AM」とは「アドバンスマテリアル」を意味し、その名前の通り新規材料を開発する部署です。その中で私は、金属微粒子を高速で基材に衝突させて、大気中に成膜する表面処理技術の開発を担当しています。学生時代の学びを活かせるシーンは多いのですが、通電性を高め、なおかつ強度も保たなくてはならないといった難題が多く、解決のための選択肢も無限にあるのでたいへんです。今は、その選択の精度を上げるべく、日々、経験値を積んでいるところです。

現在の業務内容について

業務のやりがいについて

現在、私は開発業務に加えて、一部、技術営業も担当しています。お客様のもとに直接足を運び課題を伺い、その課題に合わせて自分で実験計画を立てて調査し、分からないことがあれば上司や先輩に相談しています。課題をクリアした時に大きなやりがいを感じます。
今後の目標としては、機械設備について学びたいと考えています。そうすることで、また自分の中の新たな引き出しが増えると信じています。

業務のやりがいについて

タツタ電線の魅力について

京都府の木津川に研究開発の中核を担う、タツタテクニカルセンターが完成しました。最新の研究設備が揃っているうえ、周辺も静かな環境で、業務に没頭できる環境が整いました。また、食堂も新しくなり、美味しい社食が食べられるなど福利厚生も充実していますよ。

タツタ電線の魅力について

ある一日のスケジュール

  • 8:15

    出社

    メールチェック、
    1日の業務確認

  • 8:30

    業務

    実験実施

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    業務

    実験実施

  • 18:00

    業務

    実験データまとめ、考察

  • 19:00

    退社

学生へのメッセージ

学生へのメッセージ

自分のやりたいことを自分の中で決めて、それを達成するために何をしなければならないかを常に考えてください。また、そのためには、どの会社に入れば良いかを就職活動の基準にして欲しいと思います。私は、子供の頃から目指していたモノづくりに携わることができて、本当に満足しています。だから、辛いことも頑張ることができています。そんな芯のある後輩に入社して欲しいですね。


TOP