タツタ電線株式会社

事業案内

偏波面保持ファイバ 多分岐カプラ

光学特性
使用ファイバ 1310nm用PANDA、1550nm用PANDA
使用波長 1310nm or 1550nm
分岐スタイル 1×4、2×4 1×8、2×8 1×16、2×16 1×32、2×32
挿入損失 [dB] ※1 ≦7.7 ≦11.6 ≦15.5 ≦19.4
クロストーク [dB] ※2 ≧14 ≧12 ≧10 ≧8
温度特性 [dB] ※3 ≦0.3
ボックス種類 ※4 ピグテールタイプ BP(8-1)、BP(9-1)
アダプタタイプ BA(39)、BA(50)、19インチラック用ボックス
オプション コネクタ FC/SC/MU/LC
アダプタ FC/SC/MU/LC
研磨 PC/SPC/APC
  1. ※1 温度特性およびコネクタ接続損失を除きます。
  2. ※2 室温において1310nmまたは1550nmで測定した特性とします。
  3. ※3 1310nmまたは1550nmで測定したカプラ単体の特性とし、測定温度範囲は-20~70℃とします。
  4. ※4 ボックスサイズについてはご相談に応じます。
光部品事業についてのご相談・お問い合わせ
TOP