株主・投資家情報
  1. ホーム
  2. 株主・投資家情報
  3. 個人投資家の皆様へ - タツタ電線ってどんな会社?

タツタ電線ってどんな会社?

タツタ電線は、電線ケーブルメーカーとして発展し、安定した電力供給のため社会に貢献してきました。現在は、その基盤事業で培った技術を応用し、事業領域を大きく広げています。産業用ロボットに欠かせない機器用電線、また、半導体パッケージを構成する重要な部材をはじめとする様々なエレクトロニクス製品、さらには、コンピュータ室や電気室での漏水検知システムや環境分析事業も手がけます。
独自の技術開発スタイルを強みとし、電子材料分野においては、世界中で活躍するタツタオリジナルの「電磁波シールドフィルム」も生み出しました。豊かな未来社会に向けて今後ますます進化、発展していく各業界を、信頼の技術力でサポートしています。

タツタ電線の事業領域

機能性材料事業
機能性材料事業
スマートフォンやタブレット端末を守る「タツタ電線の電磁波シールドフィルム」は、世界中で活躍しています。
機器用電線事業
機器用電線事業
生産現場で欠かせないFA・ロボット。タツタ電線の製品は、産業界で広く利用されています。
エレクトロニクス事業
エレクトロニクス事業
電線・ケーブル事業で培った技術と研究を活かし、エレクトロニクスの先端技術に貢献しています。
システム事業
システム事業
ICカードやバイオ認証など最先端の機器とシステムの開発を行っています。
電線・ケーブル事業
電線・ケーブル事業
発電所から電力を送り続ける「電線・ケーブル」。社会的使命を果たしながら、街づくりをサポートしています。
1本で多くの情報を送ることが出来る光ネットワーク。高度情報化社会を支えています。
環境分析事業
環境分析事業
水質分析からダイオキシン類分析まで、さまざまな分析を総合技術でサポートします。
フォトエレクトロニクス事業
フォトエレクトロニクス事業
長年培った光ファイバー技術で、未来を切り拓く「フォトエレクトロニクス事業」。

財務データ

項目 単位 第88期 第89期 第90期 第91期 第92期
2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
売上高
(百万円)
45,809 46,411 51,179 55,028 52,510
営業利益
(百万円)
3,346 5,580 4,685 5,374 4,424
経常利益
(百万円)
3,347 5,859 4,847 5,462 4,557
当期純利益
(百万円)
1,877 2,780 3,331 3,349 2,952
1株当たり当期純利益 (円)
29.43 43.59 52.22 52.52 46.28
総資産
(百万円)
33,960 38,668 42,174 44,673 44,606
純資産
(百万円)
27,130 29,533 31,521 34,795 36,093
自己資本比率 (%) 79.9 76.4 74.7 77.9 80.9

※ 詳しい情報につきましては、 財務ハイライト をご覧ください。

ページトップ

売上高

(単位:百万円)
売上高のグラフ
セグメント別営業利益
売上高の凡例

(単位:百万円)

売上高のグラフ

配当金

2015年度:配当金 12.0円|配当性向28.3%

株式基本情報

配当利回り3.37%※|1単元の株式数100株

※2016年3月31日株価基準

ご相談・お問い合わせ

総務部 06-6721-3331

株主・投資家情報についてのお問い合わせ

  • 会社情報
  • 株主・投資家の皆様へ
  • 個人投資家の皆様へ
  • タツタ電線ってどんな会社?
  • 当社の歴史
  • 財務ハイライト
  • 開示情報(IRライブラリー)
  • 株主・株式情報
  • IRカレンダー
  • ディスクロージャーポリシー
  • 電子公告

こんなところにも、タツタ電線

環境への取り組み

本社・工場・関係会社について