NEWS & TOPICS

平成24年度大阪実業団バスケットボールリーグ戦第七戦結果


タツタ電線バスケ部応援者各位

平成24年12月10日

タツタ電線バスケ部

監督 露口 憲一

平成24年度大阪実業団リーグ戦 最終第7戦(ご報告)

~全 勝 優 勝! ~

去る12月7日(金)に東淀川体育館で今季リーグ戦の最終戦「タツタ対日新シール工業」が行われました。第6戦までの成績で既に優勝を決めているタツタですが、目標を「全勝優勝」に絞り、気合を入れ直して昨年度のリーグ戦第2位の日新シール工業戦に向かいました。

タツタは前半戦を「39対25」とリードして折り返したものの、第3Qに日新シール工業の急追を許して「49対42」と詰め寄られました。しかし第4Qでは、日新シール工業の得点を5点に抑える完璧なディフェンスを見せて「72対47」で圧勝、今季リーグ戦を7戦全勝とし、大阪実業団リーグ戦の六連覇、通算七度目の優勝に花を添えました。ご声援ありがとうございました。

このリーグ戦をもちまして、今年(平成24暦年)の大会日程が全て終了いたしました。

次の大会は来春2月、石川県金沢市で行われる全国実業団選手権大会です。

 

大阪実業団バスケットボールリーグ戦 第7戦 成績

(12/7(金) 東淀川体育館 観衆 1 名)

         ○ タツタ 72 - 47 日新シール工業 ●

         14 (1q) 13

         25 (2q) 12

         10 (3q) 17

         23 (4q)  5

<第七戦ゲーム解説>

この最終戦を勝って「全勝で六連覇達成を」と、選手・スタッフは燃えて挑みました。

1Q)(スタート5)#6上野 #7野々口 #8高階 #9遠藤 #15西原

お互いに得点が伸びない第1Q、タツタが2~3点のリードを保ちながら迎えた残り1分、#6上野に代ってコートに入った#18今井が左45℃からのミドルシュートをが決めて「14-9」とリード。これで第1Q終了かと思われたところ、フリースローで2点をとられるとさらに終了間際にもミドルを決められて、結局「14-13」の1点差で第1Qを終えた。

2Q)(スタート5)#7野々口 #8高階 #9遠藤 #15西原 #18 今井

第1Q終了間際の嫌なムードを断ち切りたいタツタだったが、開始直後のシュートを連続して落とし、さらにターンオーバーを喰らっている間に、日新に3Pシュートを決められて「14ー16」と逆転された。しかし、タツタは#9遠藤に代って入った#5古川がオフェンスとディフェンスの両リバウンドを抑えたあたりからリズムが良くなる。残り7分、#15西原がスティールに成功、そのまま走ってレイアップシュートを決めると、#7野々口が1対1からレイアップを決める等、徐々に点差を広げていく。#5古川がブロックショットをカッコ良く決め、オフェンスリバウンド争奪のゴール下を頑張ってファウルを貰い、フリースローを確実に決めて前半戦は「39-25」とタツタの14点リードで終了した。

3Q)(スタート5)#6上野 #7野々口 #8高階 #9遠藤 #15西原

前半戦の終盤に良くなったタツタのリズムが、第3Qに入ると完全に狂った。タツタが開始4分間ノーゴールの間に日新が猛反撃を開始、流れは完全に日新に移った。タツタは#7野々口の1対1や3Pで踏ん張るのものの、日新に連続シュートを浴びせられて第3Q終了時点では「49-42」と、点差は7点に縮まった。

4Q)(スタート5)#5古川 #7野々口 #8高階 #9遠藤 #18今井

タツタボールでスタートした第4Q、いきなり#7野々口が1対1からゴール下をねじ込む。日新もレイアップシュートを決めて懸命に追いすがろうとするが、タツタは本来の厳しいディフェンスで日新の動きを封じる。残り6分、日新は3Pを決めたのを最後に完全に沈黙。以降、思うままにコート上を暴れ回ったタツタが23得点を挙げる傍ら、日新をわずか5点に抑え「72ー47」で快勝、今季リーグ戦を7戦全勝として大阪実業団リーグ戦の六連覇、通算七度目の優勝に花を添えた。

 

リーグ戦を終えて

タツタは今季リーグ戦を「来春2月の全国実業団選手権大会(石川県金沢市)の前哨戦」と位置付けて、全国大会でのオフェンス&ディフェンスを意識しながら戦いました。セットプレイを試したこともあり、負けはしなかったものの精彩を欠いたゲームも複数あって、応援して下さっている方々にはご心配をおかけしてしまいました。とにもかくにも、全勝でリーグ戦を制することができ、それなりに評価できるゲームが作れたものと思っております。

常に全国大会での上位進出を目標に、全国レベルの実力を身につけるべく練習を重ねています。引き続き応援いただきたくよろしくお願いいたします。

  

平成24年度大阪実業団バスケリーグ戦 結果

10月20日(

19:30~

千島体育館

タツタ 〇 86-49 ● NTT西日本大阪

10月28日(

17:00~

千島体育館

タツタ 〇 69-59 ● 蝶 理

11月03日(

19:30~

東淀川体育館

タツタ 〇 69-63 ● 丸 紅

11月10日(

15:45~

千島体育館

タツタ 〇 59-49 ● 浪速酸素

11月13日(火)

19:30~

中央体育館

タツタ ○ 81-52 ● 阪神百貨店

11月25日(

18:15~

中央体育館

タツタ ○ 60-56 ● 黒田電気

12月07日(金)

18:15~

東淀川体育館

タツタ ○ 72-47 ● 日新シール工業

 

『お知らせ』    <第45回全日本実業団バスケットボール選手権大会>

【 時 期 】 平成25年2月9日(土)~12日(火)

【 場 所 】 石川県金沢市(いしかわ総合スポーツセンター)

【出場チーム】 全国各地区代表32チームが出場。

 

      以上




オフェンスを組み立てる司令塔 #7野々口
オフェンスを組み立てる司令塔 #7野々口
激しいディフェンスでプレッシャーをかける #15西原
激しいディフェンスでプレッシャーをかける #15西原
#5古川の身体をはったスクリーンプレイで味方をノーマークに!
#5古川の身体をはったスクリーンプレイで味方をノーマークに!
控え選手も含め全員で戦ったリーグ戦 #11露口
控え選手も含め全員で戦ったリーグ戦 #11露口